Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 新年会 | main | 深き咎 >>
ほうれんそう
今日、10年近く海外で生活をしていた方がこんな事を…。
「帰ってきた瞬間、日本はこんな国じゃなかったはずなんだけど…」

そんな違和感を覚えたらしい。

そして今日、またアシスタントに説教を…。
何故か?
「ほうれんそう」が出来てないから。
「報告、連絡、相談」 こんな基本的な事…。
そして、それをしない事によって起こる食い違いとトラブル。
理解する事を怠けているとは思わないけど、最近やたらと解釈が違う事が多い。
曲解とは言わないまでも、どこでどう間違えばそういう解釈になるの?的な事が多い気がする。
師弟の中だけで終わる問題なら許せても、外部の方にまでご迷惑をおかけするとなると、やはり叱らずにはいられない。

そして「ありがとう」と「ごめんなさい」。
これもね、人として必要な事だと思うんですよ。
人は何か施しを受けたら、やはり感謝の意は伝えるべきなんだよね。
間違ってしまったら、素直に謝るべきなんだよね。
たとえそれが師弟関係であっても、家族や恋愛関係でも、取引関係であっても。

時が経っても、仮に国が変貌しても、大事な事は大事な事。
大切さに変化はないよ。
忘れちゃいけない事は、忘れちゃいけないし、守らなきゃいけない事は、守らなきゃいけない。
仕事とか大人とか、そんなの関係ない。
忙しいとか言うのも、もってのほか。
人として、まずは人として、きちんとしようぜ。

ってか、ちと愚痴くせぇなぁ、今日のブログ…。

| 独り言 | 22:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
そんなに変わってしまったのかな…日本って…
違う視点で見るって大事だよね。

説教できるなんてエライっ!!
私は風邪ひいて気力も体力もダメダメで、でも忙しくって。。。
「ほうれんそう」もすっかり忘れていましたよ。
仕事でもプライベートでも気をつけよう!と
ハッとしました〜


| kuta | 2008/01/22 12:15 AM |
おそらく。
変わってしまっているのかと思います。
僕も永らく放浪していた身。
他国の文化と生活をファインダーに収めてきた身。
少なからず感じておりました。

ただ、外に出たから解る事でもあるとは思いますが。

外に出たから、もっと好きになった、だから、良いものは残したい、そう思うようになりました。
文化や伝統、そして心、そういうものを。

| Nobu | 2008/01/22 4:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zenne-inc.com/trackback/812280
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE