Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 好きですか? | main | 最近、突き刺さった言葉 >>
「がんす」ってなんすか?
昨日、広島県の三次という所に泊まり、夜食を食べにチェーン展開している居酒屋さんに入った所、メニューに「広島風お好みがんす」というものがあり、もともとお好み焼きは食べたかったから、あまり深くは考えずにたのんでみた。
ところが、出てきたものを見て、唖然。
揚げてある…。
あれ? 何コレ? お好み焼きと違うの???
箸を入れると、サクッ。
そしてやわらか。
満載のキャベツと共におたふくソースがかかってる…。
食べてみると、魚肉の練り物を揚げたものだと判明。
しかし、お好み焼きはいったいどこへ? と思い今一度メニューを見てみると、確かに、お好み焼き、とは書いてない。
書いてあるのは、お好みがんす。
なんじゃそれ。
まっ、いわゆるお手つきですね。広島風お好み、まで読んで、勝手にお好み焼きだと決めつけた僕がいけない。
けれど、決していけなかった訳ではない。だって美味かったから。
けれど、その後が、いけない。
「がんす」ってなに? と店員さんに聞いてみたが、なんと誰も知らない…。
あり得ない…。
土地の食べ物と違うの???
何人かのスタッフに尋ね、そのスタッフが伝言ゲームのようにして他のスタッフに聞いて廻り、その話がリーダー格のスタッフの所に到達した時点でやっと答えが出た。
リーダー格:「自分もつい最近まで知らなかったんすけどぉー、なんか魚を練って揚げる食べ物みたいっすよー」
    俺:「いや、、、それは食べれば判るょ…。」
      「この辺りの伝統的な食べ物なんですか?」
リーダー格:「どうっすかねー。」
    俺:「…」

まっ、これもひとつの旅の醍醐味だな。
ホテルに戻った後、ネットで調べたのは言うまでもない。

| | 01:35 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
で、わかりました?「がんす」
わたしは、読んでみて
『そうでがんす〜』とか『ほしいでがんす〜』みたいな
ノリかと想像しました。
だって、居酒屋だし^^

| chapa | 2007/04/23 3:04 PM |
驚きです!!
私も祖母の一周忌で実家に帰っていました。
21.22と泊まっておりました。
めちゃめちゃ近いトコに居たのですね。。。
で、「がんす」広島出身の私も???です。
でも、もしかして九州のさつま揚げに似たものを「がんす」って言ってたかも?
記憶のスミにちらついております。

| ako | 2007/04/23 8:12 PM |
広島育ちの私も??です。
そして、私も鹿児島かなんかの、薩摩揚げっぽいものをイメージします。
「がんもどき」→スラングで「がんす」?
判明したら教えてください。気になっちゃう。
でも、さつまあげにお多福ソースはどうなんでしょう。やっぱり新興フードですな(笑)。「広島風お好み焼き」と「広島のお好み焼き」は断じて違う!と、いつもは温厚なうちの夫(広島産)が、これだけは熱く語ります。郷土愛でしょうか。

| ばどんち | 2007/04/25 7:42 PM |
> chapaさん

残念でした。
そんなオチではありません(笑

ちなみに、ウィキペディアでは、がんすをこのように紹介しておりました。
ご参考までに...。

がんすとは、広島県で主に生産されている魚肉練り製品のひとつ。
かまぼこ原料のすり身に野菜や一味唐辛子などを混ぜ、長方形に成形し、パン粉を付けて揚げた製品。魚ロッケ(佐賀、大分)や赤天(島根)などと似たタイプの揚げ蒲鉾。薩摩揚げ(鹿児島など)やじゃこ天(愛媛など)と違い、パン粉をつけて揚げている。きつね色に揚がったパン粉の香ばしさとサクサクとした食感、野菜の甘味などが合わさった後を引く食味が特徴。
生産している蒲鉾屋の軒数自体は減っているが、現在も広島市の草津地区や呉などでがんすは作られ、地元のスーパーなどで販売されている。
名前の由来は、広島弁の「がんす」(「〜です」の意味)。広島市西区草津の蒲鉾屋 網節商店(閉店)、または、呉市広の岡本蒲鉾店が最初に名づけたなどの説がある。

> akoちん

なんと! そうだったの?
そりゃ近い(笑
ちなみに、撮影地は国営備北公園というところでした〜♪
あそこ、スゴいね。
晴れてる時に、芝生でゴロゴロしたい…。


> ばどんちさん

判明したので上記に記しておきました〜♪
しかし、広島に関係の深い方でもやはり…。
ごくごく極地的に親しまれ生産されている食べ物なんですね。
ここまでグローバルな社会になっても、そういうのってまだあるんだなぁ…。
なんかちょっと、嬉しい(笑

では、次回お宅様にお邪魔した際には、広島風と広島のお好み焼きについての熱いトークを期待しております。
郷土愛、大いに結構!


| Nobu | 2007/04/27 11:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zenne-inc.com/trackback/812166
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE