Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 久々の書き込みです。 | main | 健気 >>
その要求は罪?
一般の方には関係のない話だけれど、写真家にとってフィルム現像所というところは、かつては必要不可欠な場所だった。ところが最近は仕事のほとんどがフィルム撮影からデジタル撮影に変わり、お世話になる事も少なくなってきたしまった。それに伴い、現像所は人員を減らし、事業所を減らし、とにかく存続をかけて頑張っている。当然、そのツケはサービスに現れてくる訳だけれども、その質がね、ちょっと気になる今日この頃。それでいいの? という事もしばしば。諦めちゃったのかな? とさえ思える場面も…。
以前と同じサービスを求められても…、という声も聞こえてきそうだけれど、たとえ利用者が減ったとしても、利用している人のニードは変わらない訳なんだから、なんとか維持して欲しいなと思ってしまう。
大事な大事な大事な、撮影済みのフィルムを預ける訳だから。

| 独り言 | 21:59 | comments(6) | trackbacks(0) |
コメント
 一般の方も・・・。先日フィルムを買いに行ったら、売り場面積も、種類も大縮小されていました。そろそろ、うちのニコンもデジタル化しないと。時代の流れとはいえ、寂しさとともに、これでいいのかという思いも少々感じます。
 先週行かれたという水上も、昔と比較したら随分変わりました。上越線が幹線だった頃は、電車が止まるとどっと人が降りる、一大温泉地だったのに。新幹線で人の流れが変わったせいか昨今の経済事情のせいか、昨年通りかかったら、以前の盛んな様子は過去のものになっていました。
 時代に取り残されつつある自分を省みながら、時代が全て正しいのか!と吠えたい私です。でもデジカメ便利なんだろうなぁ・・・。

| 0 | 2007/03/25 9:38 AM |
 記名を忘れました。上記、わたくしの記述です。責任を持って。

| ちん | 2007/03/25 9:40 AM |
>大事な大事な大事な、撮影済みのフィルム
なにかやられちゃいましたか?

私は実際1年近くラボ自体に行かなくなってしまいました。
ラボも本当ならばデジタルになっても本来ならばやれることは
数々有るはずですがそれだけのアプローチもせずに
>諦めちゃったのかな?
って確かに感じてしまいます。

数が減ったからこそできるサービスを考えたところが
キット将来に対して必要とする人たちに感謝をされながら
ほんとうのところで生き残っていくのだと[観じ]ています。

でも、とりあえずは身近でなくなるから大変ですけどね!

>必要不可欠
な自分であるよう自分も磨かなければ・・・・(笑)





| eisei noro | 2007/03/25 9:44 AM |
> ちんさん

いいじゃない。吠えようよ(笑
ってか、吠えなくちゃ。
時代が全てなんてナンセンス。
基準はいつも、自分、でいいんじゃない?
ホントはこんな事言ってる自分がナンセンスなんだけれども(笑
でも、いいじゃない。
吠えていようよ。
馬鹿にされようが、蔑まされようが、自分を隠して、時代に諂って、実感を持てないまま暮らしているなんて俺には耐えられない。
先日見てもらったプラチナもそう。
130年も前の技法を、今に復刻させ、それを残そうと制作してる。
自分を、自然を、良き技法を、そのありのままを、1000年でも残そうとしてる。
愚、と言えるかもしれない。
でも、そうじゃないとも言える。
誰かがYesって言ったから良いのもなの?
違うよ。
基準はいつだって自分でいようよ。
そういう生き方を、しようよ。
そういう事だよ。

でも、デジカメも良いけどね(笑


> noroさん

いや、やられそうな勢いだったんで、怖くなって(笑

アプローチ、確かに、僕が知る限り以前彼らはやってました。
確かにやってました。
それが正しいか、そうでないかは別として。
でも、功を奏したかどうかは別として、プロフェッショナルの気を引くものではなかった事は確かです。
僕の感じとしては、あくまでも底辺を増やす目的での、一般層へのアプローチでしかなかった気がしますから。

数が減ったからこそ出来るサービス。
同感です!
それが出来なきゃ、存続の意味なし。
今日も打ち合わせでそんな話になりました。
今回の撮影、フィルムにしますか? デジタルにしますか?
……。
撮る側としては、クオリティーは最重要課題。それはもっとも最優先すべき事ですが、でもそこに「不安要素」が立ち籠めるような状態であるならば、質をないがしろにしてでも、いっそ不安は排除したい! と思ってしまうじゃないですか。
だってデジタルなら人の手を介さず全て自分の価値観、責任で仕上げてしまえるんですもの。
ラボに預ける事が不安、なんて、本来有り得なかった事。
悲しくなります。
だからこそ、僕はプラチナに走ったのかもしれませんね。
誰の手も借りない。
それでいて最高のクオリティー。
究極の自己完結。

だから究極の睡眠不足なんだ…(笑

| Nobu | 2007/03/27 2:55 AM |
nobuさん

人間不信にならない程度に自己完結していただき…(笑
肝硬変にならない程度に飲んで、
究極の睡眠不足から脱していただき、
身体に優しい自分であってください!(願)

| eisei noro | 2007/03/28 9:26 AM |
noroさん

はい!(笑
ありがとうございます。
大丈夫ですよ〜♪
なんだかんだ言って、僕は人が好きなんですよ。
不信になったり、それで落ち込んだり、でも、かならずそこから救い上げてくれるのも人ですから。
でも、身体に優しいかどうかは自信がない…(笑
今日もジョギングしてて、果たしてこれはホントに身体にいいのか? なんて思ってもみたり…(涙)。なんか、寝不足のせいか身体が妙に重いんですよねぇ…。
しかも、明日も朝イチで名古屋でーす(笑


| Nobu | 2007/03/29 1:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zenne-inc.com/trackback/812154
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE