Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< またですか!? | main | 二日酔いかよ・・・ >>
カーテンコール
060526.jpg

たぶん、こういうタッチの映画に包まれたい気分だったんだろうなぁ…。
レンタル屋さんで何気なく手に取った「カーテンコール」。
佐々部監督の事は、「小津安二郎、山田洋次両監督の次を担う監督さん」として記憶にあって、作品としては「半落ち」を見た事があったから、だから何の不安もなく借りてきて…。

もうね、全編にわたって漂う昭和の香りと、各役者さん達の細やかな感情描写、その存在と笑顔に、打たれっぱなしでしたよ。映画であんなに泣いたのは久々だったな。
各所のシーンが今でも鮮明に残ってるほどだもん。そして思い起こすとまた瞳が潤んで…(歳とったかな?)
しかも一昨日の夜にちょっとした所用で実家に戻っていたりしたものだから、空気や状況がダブってダブって更に大変(笑

しかし、本筋とはちょっと外れた、まったくもって個人的な意見を書かせてもらうと、奥貫薫さん演じるところの「良江」は、僕の理想の奥さん像ですな。
今まで僕の中に君臨し、不動の地位を保っている「理想の奥さん像」は「雨あがる」の宮崎美子さんなんだけれども、それに勝るとも劣らない!
いや実に素晴らしい!

とか書いてると、「だからおめぇーは古いんだ!」って言われてしまいそうだぜ…(笑

| 映画 | 10:01 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
先日昨年私だけ観た「ALWAYS三丁目の夕日」を借りてきて家族で観ました。
映画ばかりではなく、作品てみなそうなのかと思うけれど、視聴覚と心が一斉に映画を欲しがるんですよね。
世代を越えてしみじみ楽しんだところだったので、こちらもまた狭いけれどプライベートシアター(笑)で観たくなりました。
「さよならクロ」以来、伊藤歩さんのファンです。


| マリ | 2006/08/01 10:26 PM |
Nobuさん、お写真有り難うございました。
本当に本当に嬉しくて、写真をみてこんな気持ちになるのは
久し振りですよ。

高知での「男の子と猫」が写っているお写真なんて、
何処にでもある何気ない風景かもしれませんが、
私にとっては理想通りといいますか、
男の子と猫の座り方とか、ホント理想のかたちです。

次回の写真展を心待ちにしています!!
(気がはやくて申し訳ありません・・・)


| つゆ | 2006/08/02 12:56 AM |
> マリさん

僕はやっぱり スワロウテイル が衝撃だったなぁ・・・。
今回のもイイ味だしてますよ〜♪
いやぁ、是非見て下さい!
まじでイイから!


> つゆさん

わざわざのご報告、ありがとうございます!
こちらとしても嬉しい限りですよ〜♪
写真達、好きになって下さって、ありがとうございます。
あの写真にはね、「今日は君から」ってタイトルが付いてるんですよ。可愛いでしょ?(笑

次回の個展は・・・、まだ何も決まってませんが、開催する時には必ずご案内出させて頂きますね。
その時をどうぞお楽しみに〜♪




| Nobu | 2006/08/03 8:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zenne-inc.com/trackback/812010
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE