Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 番外編 「人の道を極めた方に会うのだ!」その1 | main | 最近の仕事環境は… >>
「人の道を極めた方に会うのだ!」その2
突き付けられたコラボ集。
子分さん達、何の事やら見当もつかず困惑顔・・・。
しかし、「はっ!」と言って受け取ったかどうかは判りませんが、とにかく一堂で回し読みをして下さったそうなのです。
申し訳ない事です。想像してみて下さい。
黒服、を着ていたかどうかは判りませんが、男臭い方々が、粋なレストランでお料理そっちのけで小冊子を回し読み・・・。しかもお一人の方は涙を流している訳ですから・・・。
罪な事をしてしまいました。
そんな様子を、シェフはアイランドキッチンから見守っていたわけです。そしてこちらも困惑顔。この次の展開をどうしたものか・・・。そこで思案し機転を聞かせたシェフは、タイミングを見計らいコラボ集にまつわるアレコレを説明して下さったそうなのです。
するとその方は大いに頷き、お料理にも我々のコラボ集にも満足されて帰って行ったそうです。

後日その話をシェフから聞いた僕は、早速タネさんのところへ。
こんな事があったそうですよ! 嬉々として話しました。
思惑通りタネさんはにんまり(笑
しかし、本来ならここで終わってしまう話。
終わらないのは運命の悪戯か?(笑
気分を良くしたタネさん、後日嬉々としてその話をぜんじろうさんへ。
すると流石はぜんじろう兄貴、タダモノではありません。
一通りの話を聞き終わるやいなやこう言うのです。
凄いやないか、と。そんな人めったにおらんで、と。会いに行きぃーや、と。

ん? まじですか?
僕とタネさんは一瞬何の事やら解りません。
アイニイク? え?
すると追い討ちをかけるように「君らは何の為にコレを作っているの? 感動してくれる人がいるのなら、その気持ちに答えるべきでしょ?」と。
なるほど。それはその通り。物凄くシンプル。
よし、ではやってみましょ(笑
人の道を極めた方が、我々の何に感動し、何故に頬を濡らしたのか。
気になるじゃないですかっ! ねぇ。

かくして、その方の心に礼を尽くすべく、感動して下さってありがとうと言いに行くべく、会いに行く計画がスタートしたのでした〜♪

続く






| 番外編 | 11:23 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
続けてコメントごめんなさい。
う〜ドキドキしますね〜。
けれどどうしてか、私の頭の中では「吉田聡」のマンガでNobuさんも種浦さんもぜんじろうさんも出てきて、
コマ割でこの記事をイメージしてしまいます〜(笑)。
連載、楽しみ楽しみ!

| マリ | 2006/05/29 10:04 PM |
吉田聡っすか・・・。
ズバリ、それは嬉しい!(笑

相変わらず、暗室のトイレには彼の作品が積まれておりまする(笑

| Nobu | 2006/06/07 6:10 PM |
吉田作品を次男に見せたら大ビンゴ!(笑)
持ってるのを全部読みました。
コッセツがお気に入りだそうです。

| マリ | 2006/06/08 10:45 PM |
コッセツは僕にとっても大のお気に入り。
「スローニン」はしみじみと良いんだよね。
静かに染み入るんだよね。


| Nobu | 2006/06/14 10:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zenne-inc.com/trackback/811970
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE