Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 歴史を残すお手伝い | main | エプソンと、プラチナと、僕の将来と。 >>
鍋が恋しい季節やね
今更ながらですが、「仕立て屋の恋」を観ました。
しかし、あんなエンディングだったなんて・・・。
切ないって言うか、やりきれないったらありゃしない。

そして今晩は独り鍋をつついてみました。
たっぷりのお野菜とお豆腐ときのこ達。
ハフハフ。アツアツ。ふーふー。

そして食べながら思う。
フランス人は解らんなぁ。


| 映画 | 01:15 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
「仕立て屋の恋」ですか・・・・
その後一人で鍋・・・・
お酒は飲んだのでしょうかね?

やっぱり日本酒?

それじゃぁ、フランス人を理解できないのでは・・・・

徳利に入れた日本酒をチビチビ
気がつくと4合も飲んでいた私は考えてしまいました。



| eisei noro | 2005/12/05 11:25 AM |
パトリス・ルコント、私が国内外合わせて一番好きな映画監督なんです。ルコント特集のオールナイト上映観にいっちゃうほど。えっ、フランス人わからん? あらら・・。フランスデビューしたばっかなのに(笑)。ルコント作品、個人的に音楽と美女のチョイスが最高だと思います。「髪結いの亭主」、「タンゴ」、「橋の上の娘」、「列車に乗った男」あたりが好きだなー。特に「タンゴ」。オススメ。ビデオ屋であまり見つけられないのだけれども。今でもサントラ捜し求めてます。

| ちづ | 2005/12/06 1:38 AM |
> noroさん

痛いところを・・・(笑
でも、いいんだと思います。
日本酒を飲みながら、鍋をつつき、純粋な日本人である僕が回想にふけっているのですから。あれやこれや、裏を読み、その先を考え、なんだかんだ言って熟考している訳ですから(笑


> ちづさん

あらあら、そうでしたの?
それは失礼・・・。あまり気分を害さないでね。
実はね、失礼ながら、物凄く眠くて、頭朦朧とした中で観てたから、きっと余計に解らなかったし・・・。
近々頭さっぱりしてる時にもう一度観てみるです(笑


| Nobu | 2005/12/06 11:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zenne-inc.com/trackback/811888
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE