Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< スイングと夜風と月と | main | 念いは、成就する。(といいな) >>
AMANDLA!
st_jacket.jpg



スンゴイ映画を観てしまった!
題名は「アマンドラ! 希望の歌」
南アフリカの言葉で「AMANDLA」=「力 (Power)」というのだそうです。

アパルトヘイト下の抑圧の中、歌によって心通わせ、歌によって立ち上がり、歌による抵抗を行い続け、歌によって世界を動かし、歌う事で革命を成功させ、歌い続けた事で自由を掴み取った、心揺さぶる真実のストーリー。
音楽は人々を鼓舞し、歌は血を流さない武器となった。
歌う事を禁じられても、絞首台の上に立たされても、彼らは歌う事を辞めない。
仲間が銃弾に倒れても、指導者が次々投獄されても、涙の代わりに歌を歌う。
そして彼らが自由と権利を勝ち取った時、報復はせず、喜びの歌を歌う。

今日もイラクで苦々しい事件が起きましたね。
報復合戦の応酬は、いいかげん無くなってくれないものかなぁ・・・。

「諦めたら、そこで全てが終わる」そして「許す、という事」、この2つを、改めて考えさせられる映画だったなぁ・・・。

そしてもう1本、「ベルビル・ランデブー」というアニメーション映画を。
これがまた、いやはやなんともユニーク。
そして、どこか愛らしい。
不思議な「間」と「ゆるさ」と「温かみ」を持った映画で、何だか後からじわじわ効いてくる(笑

やっぱり、個性やお国柄ってのは面白いね。
そしてスゴイや。


| 映画 | 23:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
こんばんは。
「ベルビル・ランデブー」はビデオかDVDでご覧になったのでしょうか?
どちらも観てみたくて飛んでみたところ
「ベルビル・ランデブー」はどこの映画館もやっていなかったようなので(笑。

私も、遅ればせながら改めて映画から受けるパワーを実感する今日この頃です。
ちなみに明日(もう今日ですね)は、マザーテレサを観る予定です。

| クラフトまま | 2005/09/21 1:16 AM |
おっ、マザーテレサですか・・・。
ぼくもあれは観たい。
実際にインドの、そしてカルカッタの惨状を目の当りにしている人間の1人ですから・・・。

そして、ベルビル、アマンドラともにDVDです。
レンタル屋さんで新作として出ている筈ですよ〜。

| Nobu | 2005/09/21 10:13 AM |
マザーテレサ、しみじみ深く心に滲み渡りました〜。
オリビア・ハッセー素晴らしいです!
「温かくすべてを愛すること」は口にするほど簡単なことではないけれど
それができたなら他者ばかりでなく、己をも幸せにすると思いました。

実際インドに行かれているのですから、感慨もよりいっそう深く大きいのでしょうね〜。
私もせっかく実際にあの方にお会いでき、「神の祝福を」と言っていただいたのですから
小さなことにこだわらず、何をも愛せる人を目指さねばと思いました。
もしご覧になったなら、ご感想を楽しみにしています。
ベルビル、アマンドラも観たいです。今更ですが、映画っていいですね(笑。


| クラフトまま | 2005/09/21 9:02 PM |
あら? お会いになった事あるんですね!?
それは素晴らしい!
ならば、感慨はより深いものだったのでしょうね・・・。

観た際には、感想をお伝えさせて頂きます。


| Nobu | 2005/09/22 12:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zenne-inc.com/trackback/811842
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE