Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 最近の食卓から | main | モノクロレター >>
POEMIX II
POEMIX.jpg



観て参りました、「POEMIX II」 at パルコ劇場。
詩:森雪之丞  演出:岸谷五朗  のあれです。
ポエムと劇演出の融合がどんな物か、何となく想像はできていたけれども、イイ意味で裏切ってもらえて楽しかったなぁ。何しろ感想として一番頭に残っている事は、『「演出の何たるか」を考えさせられたなぁ』って事ですから・・・(笑
光と映像とサウンドと踊りとポエムと活字と現場の間。
それらが絡まる絡まる。そして見事に活かし合う。そういう世界。
個人的に、前半は今一つリズムを掴めずちょっとばかし退屈だったけれど、中盤からのテンポの良さと巧みな演出には共鳴したなぁ。終盤の舞台美術との連携も綺麗だったし。

でも、僕は職業柄やっぱり人を一番に見てしまうから、演出がどうのこうのと言ってみたところで、最終的にはどうしても人に目が行ってしまうんですけどね〜。
で、まず最初に目を奪われた人、やはりと言うべきか、当然と言うべきか、それは岸谷さんでした。
開演直後、舞台セットから姿を見せたその瞬間、既に何か違うんですよねぇ・・・。
オーラと言ってしまえば簡単だけれど、登場した時のインパクトが格段に違うんです。転がりながら登場してきて、そして瞬間的に頭を軸に伸びやかに倒れるんだけど、たったそれだけなんだけど、違うんだよね。格好よかったなぁ・・・。

あともうお一方は、岡千絵さん。
僕はこの方を初めて知りましたが、もう目が釘付けでした(笑
何と言うか、、、身体のキレが凄いんです。
踊っている時だけでなく、所作そのものが、美しいんです。
かつダイナミックで、躍動的で、しなやかで。 ホント、釘付け(笑

東京公演はあと2回を残すのみ!
気になった方はこちらを!



| 映画 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
友人に誘われ男性3人でポエミックスを体験?してきました。後で岡千絵さんの話で持ちっきりで動きがダントツとか、美しい、カッコいいとか!なぜか?今回の舞台プログラム無く、岡千絵さんの事を知りたくて検索中に、おじゃまさせていただ書きっこ(投稿)させていただきました。岡千絵さんだけでなく、ほかも同感だったもんで。


| 龍二 | 2005/09/06 4:20 PM |
龍二さん、書き込みありがとうございます。

>岡千絵さんの話で持ちっきり
解ります! そのお気持ち、スッゴク良く解りますっ!
何なんでしょうね、あの方は・・・反則なくらいカッコいいですよね・・・。本当にステキです。
僕は未だに脳裏に残った残像だけでクラクラきてますよ(笑


| Nobu | 2005/09/07 12:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE