Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 「1年遅れの成人式 〜21歳の成人写真撮影会〜」の開催を計画中です。 | main | 出版記念パーティ開催のご案内 >>
第7回 遺影撮影イベント「 Oh!! 遺ぇ〜い!? 2013 」開催のお知らせ
ご案内が大幅に遅くなってしまいましたが、、、今年も勿論開催します、遺影撮影会!
 
長文になりますが、下記詳細事項をご一読いただき、ご興味をお持ちの方、またご参加ご希望の方は、ご都合のよろしい日時をお決めの上ご連絡頂けますと幸いです。
 
皆様のご参加、心よりお待ちしております!
 
-----------------------------------------------------------------
 
日頃お世話になっている皆々様へ 
 
この時期の恒例行事となりました遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」。
今年も開催の運びとなりましたのでお知らせさせていただきます。
 
完全予約制ではありますが、思うところある方は奮ってご参加くださいませ!
 
◎遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」の主旨説明
 
遺影撮影などと言うと、タブー視されたり怪訝に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、「死」とは万人が迎える、避ける事のできない出来事。ならば、それを前向きに捉えて楽しんでしまおう、というのがそもそもの撮影会の趣旨となります。
 
もともとは、とある飲みの席で「明日死んじゃったら遺影に使える写真が無いなぁ…」という友人の静かな呟きから開催を決めるに至ったという経緯があります。
加えて、折角なので毎年の恒例行事にしてしまえば、色々な発見や楽しみが広がってポジティヴな遺影撮影になるのではないかなと。
 
毎年、決まった時期に1枚ずつ撮り足していって、もしもの際には直近の撮影分を遺影としてお使いいただく。
もちろん、それが気に入っていなければ何年か前の撮影分をお使いになっても良い訳で…。
逆に言えば、こんな写真では今年はまだ逝けない!と生きる活力になったりするかもで…。
 
更には、目出たく何事も無く100歳を迎えた時には、自分の肖像が毎年更新されている訳ですから、それはそれで面白いのではないのかなと。
洋服の趣味が変わっていたり、しわが増えていたり、でも年輪が加わって渋みが増して素敵に輝いていたり…。
それはまさにその人の歴史。紛れもない自分史となる訳です。
 
と、そんな風に前向きに楽しんで頂く為の、ささやかなるご協力ができたらなぁと思っている次第です。
 
ちなみにこれまでの撮影では、下は0歳から上は92歳の方までがご参加下さいました。
ご家族だったり、カップルで写られる方もいらっしゃいます。逝く時は一緒に!との想いのもと。
いずれにしても、写真を撮られるという行為に慣れ親しみ、かつ楽しんでいただけましたら嬉しい限りです。
 
そんな訳で、ご興味のある方、肖像を残したいと思われた方は是非ともご一報下さいませ。
 
◎実施に関しての詳細
 
☆開催日時:12月6日(金) 13:00〜20:00
         7日(土) 10:00〜20:00
         8日(日) 10:00〜19:00
 
☆開催場所:zenne,Inc. 内仮設スタジオ/住所:ご予約が成立した方へお知らせ致します。
 
☆撮影費:¥3500. /お1人様/1枠(20分)
 お2人様以上での撮影の場合、お1人様につき¥1500. の追加とさせていただきます事をご了承下さいませ。
 
◎撮影に際しての注意事項
 
ご参加希望の方は、事前のご予約をお願い致します。
お1人あるいはお1組「20分」の枠でご予約を受け付けさせていただいております。
カップル等でお1人づつ2枠をご予約の場合には、サービスとして2ショット写真をお撮りさせていただいております。
受付可能枠はご参加お申し込みの際にお問い合わせ下さいませ。
ただし撮影に割ける実質的なお時間は、事前説明やご要望の聞き取り時間を除くと、おそらく1枠約10分程度だと思われます。
しかもちょっとした流れ作業になる事が予想されます(そこはどうぞご了承下さいませ!)。
故に、もっと撮って欲しい!という方は後日個人的な撮影を受け付けさせていただきますので、その際はどうぞお気軽にご相談下さいませ。
 
お時間にはゆとりを持ってお越しいただけると助かります。
 
また、完全予約制ではありますがそこは撮影の常。
若干の遅れがでる場合もございますので、その際はどうかご了承下さいませ。
 
当日はなるべく公共交通機関でお越し下さい。
 
最寄り駅はJR高円寺駅になります。(会場へは北口から徒歩でおよそ10分。)
お車でお越しの方は、近くのコインパーキングをご案内させていただきます。
 
◎撮影後の画像データのお渡しに関して
 
僭越ながらこちらで適宜絞り込ませていただきます。
その後、仮選出された数点のサムネールデータをメール添付にてお送りさせていただきます。
その中からお好みの1点をお選び下さい。
後日、レタッチ処理を施した本データを「宅ファイル便」等のファイル転送サービスにてお送りさせていただきます。
メールアドレスをお持ちでない方はご相談下さい。CD-ROMを郵送させていただきます。
またその際には別途郵送費等(¥300.)をご負担頂きます事をご了承下さいませ。
1点なんて選びきれない!という方は、追加画像1点につき1,000円にてご対応させていただきます。
画像データではなくプリントでの納品をご希望の方はご相談下さい。
またその際には別途プリント代を申し受けます事をご了承下さいませ。
尚、プリント代金に関しましてはサイズによって変動いたします。
 
仮設スタジオ内は禁煙です。ただし飲食は例年通り可能です。
今年も沢山の方々との異業種交流を楽しまれて下さい。
お料理、お酒の持ち込みも大歓迎です。
 
◎最後に
 
諸々の注意事項を書かせていただきましたが、当遺影撮影会は多少のイベント性を盛り込んでおりますので、どうぞ気楽な感じでお越し下さいませ。
とはいえ真摯なお気持ちでいらっしゃる方もおられると思いますので、そこは適宜大人の対応でお願い出来れば幸いです。
(以前ご参加の方で、掲載のご承諾をいただきました方々のお写真を添付させていただきました。参考までにご覧下さいませ。何となくの雰囲気が解るかと思います。)
 
また、このイベントは僕が以前から度々感じていた思いを具現化する為のファーストステップであると捉えて行なって参りました。
それは、写真家としての存在意義は何か。誰の為に、何が出来て、何を残せるのか、という事。
そしてこの撮影会を通して、「備えがある事で、または心の準備ができている事で、日々の生活がよりアクティヴになるかもしれない。」「もしもの際には、残る方々へ想いを残していただけるかもしれない。」とのご提案ができたら、そのための、ささやかなお手伝いができたら、と。
これはNY同時テロに遭遇し、現地で献血に走り回る中で思い考えた事に直結しています。
 
また一昨年は、東日本大震災復興支援の一端を担えるよう3.11肖像写真プロジェクトを立ち上げ、多くの方々のご協力のもと、1000家族を超える方々の肖像写真をお撮りさせていただきました。※更なる詳細映像はこちら→by NHK「心をつなぐ写真
このプロジェクトの根幹も前述の想いと同様です。
お手元に新たな写真がある事で、明日への活力としていただけたら、、、そんな想いで毎週末東北へ通い詰めました。
 
そのような訳で、「遺影」というタイトルではありますが、「誰かのお役に立ちたい」という想いから始めたこの撮影イベント、お気軽にご参加いただければ嬉しい限りです。
 
◎ご連絡先
 
メール:info@zenne-inc.com
不肖コバヤシ宛にご連絡下さいませ。
 
それでは、皆様のご参加を心待ちにしております!


PhotoEvent_2012
| 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」 | 02:18 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE