Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 驚いたけど、嬉しかったけど、ちゃんと自覚しないと。。。 | main | 久々のダブルヘッダー >>
和紙をより知る為の丁稚奉公 その2
和紙修行2日目の今日は、少しだけ、「漉き」体験をさせて頂きました。
若干24歳の若手ホープにご指導頂きながら、初体験となる紙漉きをば。
まぁ、解りきった事ではありましたが、やはり一筋縄では行かないですね…。
結構な力仕事だし、コツを教えて頂いても要領が全く解らない。。。
正直、参った参った。。。
けれど、勿論楽しくもあって、1日ひたすら打ち込んでいたい衝動に駆られてしまいました。
勿論叶わないのですけどね。
なにしろ、無理言って丁稚に行かせてもらっている身ですから。。。
なので、午後はひたすら「塵取り」です(笑
こちらこそが、ある意味で奇麗な紙作りの根幹でもあるので、やりがいを感じてひたすら黙々と塵を取り続けるのですが、何しろ冷える。
結構な厚着で行ったので身体自体はさほどでもないのですが、爪先がね、ヤバいです。
常に水に手をつけているので、指先も同じく。
特に、日が沈んでからの冷え込みと言ったら、ちょっと笑ってしまうくらい寒さのレベルが変わるのです。

ともかく、やっとの事で1枚だけかろうじて漉けた(いや、カタチになった)和紙の出来上がりは如何程なのか。。。
次回が楽しみなのであります。

そしてこれ↓
17:30の、工房からの空です。
空気の冷え込み具合、伝わりますか?

でも、このキリリとした感じ、澄んだ青と大気の緊張感、たまらなく好きなんです。

| 和紙関連 | 23:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE