Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 年明け開催の個展の日時、決定しました! | main | 風邪なんて、何年ぶり??? >>
紙までも。。。
先日、試薬の取扱店が無くなってしまったというブログを書きましたが、、、今日、追い討ちをかけるように、更なるショックな出来事が。。。

個展の作品作りの為に、プリントの支持体となる和紙を調達しに埼玉県は小川町に繰り出しましたらば、、、いつもお願いしていた紙漉職人さんが、見当たらない。。。
受付のお姉さんに聞くと、昨年引退してしまったとの事。。。

齢80を超えていた方でしたから、、、よくよく考えてみれば、こういう事態が起こる事は用意に想像出来た筈なんですけどねぇ、、、迂闊でした。
数年前に、かなりの枚数を譲って頂いたので、ここ最近は顔出していなかったのですよね。。。
それもいけなかった。。。
失敗。
なんたる間の抜けた事をしてしまったのか。。。
それであれば、引退前に一定数を自分用に漉いて頂いて、暗室で寝かしてストックしておけば良かった。。。
でももう後の祭り。
現存しているのは、もういくらも無いとの事。。。

それでも後任の方に無理を言って、サイフにあるだけのお金をはたいて、譲ってもらえる分だけは確保させて頂きましたが、、、悔やまれてならないなぁ。。。

でも、伝統工芸品っていうのは、こういう事なんですよねぇ。。。

プラチナプリントの支持体には「小川の和紙」と決めてからも、一軒一軒多数の工房を回らせて頂きましたけど、この方の漉く紙が一番美しかったのですよねぇ。。。
塵が極端に少なくて、楮紙のわりには表面に上品な光沢があって。
重要無形文化財を受け継ぐ伝統工芸士として、海外からの要請で実演に出向く事も多かった方ですから、、、やっぱりね、流石なんですよ。

はぁ、、、、とにかく、残念。
けれどひとまず、今ある分を大切に使わせて頂きながら、後任の方々の漉く紙を試していくしかないですねぇ。。。
そしてこれからは、毎年自分用に漉いて頂いて、年々寝かせていく事にしよ。

でも、なんだか淋しいなぁ。。。
それでも、仕方ないですね。
今まで本当にお疲れさまでした!
僕の作品は、Sさんの漉く和紙に出会ってイメージが固まったようなものですから。
和紙の事も色々と教えて頂きました。
本当に、ありがとうございました。
| プラチナプリント関連 | 03:00 | comments(2) | - |
コメント
ご無沙汰です。個展は楽しみにしてます。さて、昨今のプラチナの高騰、伝統工芸の継承者を育てられない環境とネガティブな材料だけが豊富ですよね。
今、ギリギリこの時代にしか和紙で作るプラチナプリントは出来なくなるような気がします。とても貴重な時間と材料なんですね。私も先週に来年度分の和紙を発注した所です。小林さんの世界を見せて下さい。それでは、

GonTa
| GonTa | 2010/11/24 6:04 PM |
GonTaさん

そのせつは。。。
そして、わざわざの書き込み、ありがとうございます!
コメントバックが遅くなって申し訳ない限りではありますが。。。

さて、おっしゃる通り、環境はネガティヴな要素で充満していますねぇ〜(笑
でも、それでもなんとかしないとなんですけどね。

で個展の件。
お待ちしております。
栗田さんとも、平さんとも、またひと味違った世界観を感じて頂ければ幸いです。
| Nobu | 2010/11/29 10:04 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE