Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
<< 東北紀行8日目 | main | 東北紀行10日目 >>
東北紀行9日目
長く滞在した秋田県を離れ、先ほど山形県へ入りました。

しかし、秋田には予想以上の長居でした(笑
嬉しい誤算です!
今日も午前中の鳥海山での撮影を終えたら、そのまま山形側へ移動するつもりだったのに、、、何故か気付けば午後もしっかり撮影しちゃってました。。。
それだけ魅力的って事ですかね♪

しかし流石に週末だけあって、どこも大型観光バスでのツアー客の方々が多かったですね〜。。。
午前中なんて、ひっそりとした獅子ヶ鼻湿原という所で撮影していたのですが、一通りの撮影を終えて帰り支度をしている段になると、いきなりガイドさん付きの物々しい団体さんご一行が何組も。。。
管理の行き届いた湿原でしたから、道は木の桟道なんですが、団体さんとすれ違うたびに、カメラ担いだまま端に寄って20〜40名くらいの方々をやり過ごす訳です。。。
まぁ、ちょっと経験した事のない事なので、なんだか不思議な気分でした(笑

しかし、人の流れはさておき、これ↓いかにも夏、もしくは夏休み!って感じで良いですよね〜♪


そして、午前の撮影を終えて人里に戻った時、食べちゃいました、岩牡蠣!

まぁ、想像するのは容易いですね(笑
そう、激ウマです!
大ぶりのをお願いしたのですが、ぶりぶりのふわふわ。そしてとんでもなく濃厚! あぁ〜…。 ヤバいです!
とってもビールが飲みたくなって、一気にやる気がなくなってしまって、悩みました。
いっその事、このまま温泉に入って、ビールと岩牡蠣で今日は締めてしまってもいいんじゃなかろうか????????????
一瞬脱力して、無意識に宙を仰ぎ見て、本気で考えてしまうのでした。。。
でもね、そこは大人の分別を見せないと(汗
はい、忍の一字で耐えました。
でも、抜群に後ろ髪引かれましたけど。。。

で、牡蠣の天ぷら丼を食べて誤魔化すしか術のないコバヤシ。。。

昼食のあとはちょっとだけ観光を。
芭蕉も唸った九十九島。
ぶらり周辺一帯を回ってみました。

しかし面白いね、ここも。
流石は元海。うなずけます。
でも、かつての海が、稲穂の海に変わっただけだもんね。
容易に往時を想像出来て、感慨深くなりました。
合わせて芭蕉の句を詠むと、泣けて来ます。

「象潟や雨に西施がねぶの花」

しかも、こうも言ったそうです。
「松島は笑うがごとく象潟はうらむがごとし」とも。
太平洋側の松島を仮に「陽」とするならば、まるで箱庭の様な象潟は「陰」であり、故に魂が揺さぶられたのでは、、、と、解説に書いてありました(笑

でも解る。
当時の面影が色濃く残っている場所だからこそ、こんな風だったんだろうなぁ、とイメージを膨らますと、本当にちょっと泣けて来ます。とっても美しかったであろう事が、手に取るように解るから。。。

はい、という訳で、今日も目一杯動き回りました。
何しろ午前中だけで、8×10の機材一揃え担いで、4キロは歩いたんじゃないかなぁ。
しかも山道を。。。
おかげでぐっすり寝れそうです(笑

何となく、ですが、明日は月山を目指そうかなぁ♪

*今日の一枚

| 撮影旅行 | 22:42 | comments(2) | - |
コメント
岩牡蠣…。
日本が誇る旨さですよねー。
| n-kawata | 2010/08/23 10:37 AM |
はい、確かに!
昔、ニューオーリンズで生牡蠣を食べようとして、、、やはり口に出来なかった事が思い出されます。。。
| Nobu | 2010/08/27 9:52 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE