Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
第7回 遺影撮影イベント「 Oh!! 遺ぇ〜い!? 2013 」開催のお知らせ
ご案内が大幅に遅くなってしまいましたが、、、今年も勿論開催します、遺影撮影会!
 
長文になりますが、下記詳細事項をご一読いただき、ご興味をお持ちの方、またご参加ご希望の方は、ご都合のよろしい日時をお決めの上ご連絡頂けますと幸いです。
 
皆様のご参加、心よりお待ちしております!
 
-----------------------------------------------------------------
 
日頃お世話になっている皆々様へ 
 
この時期の恒例行事となりました遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」。
今年も開催の運びとなりましたのでお知らせさせていただきます。
 
完全予約制ではありますが、思うところある方は奮ってご参加くださいませ!
 
◎遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」の主旨説明
 
遺影撮影などと言うと、タブー視されたり怪訝に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、「死」とは万人が迎える、避ける事のできない出来事。ならば、それを前向きに捉えて楽しんでしまおう、というのがそもそもの撮影会の趣旨となります。
 
もともとは、とある飲みの席で「明日死んじゃったら遺影に使える写真が無いなぁ…」という友人の静かな呟きから開催を決めるに至ったという経緯があります。
加えて、折角なので毎年の恒例行事にしてしまえば、色々な発見や楽しみが広がってポジティヴな遺影撮影になるのではないかなと。
 
毎年、決まった時期に1枚ずつ撮り足していって、もしもの際には直近の撮影分を遺影としてお使いいただく。
もちろん、それが気に入っていなければ何年か前の撮影分をお使いになっても良い訳で…。
逆に言えば、こんな写真では今年はまだ逝けない!と生きる活力になったりするかもで…。
 
更には、目出たく何事も無く100歳を迎えた時には、自分の肖像が毎年更新されている訳ですから、それはそれで面白いのではないのかなと。
洋服の趣味が変わっていたり、しわが増えていたり、でも年輪が加わって渋みが増して素敵に輝いていたり…。
それはまさにその人の歴史。紛れもない自分史となる訳です。
 
と、そんな風に前向きに楽しんで頂く為の、ささやかなるご協力ができたらなぁと思っている次第です。
 
ちなみにこれまでの撮影では、下は0歳から上は92歳の方までがご参加下さいました。
ご家族だったり、カップルで写られる方もいらっしゃいます。逝く時は一緒に!との想いのもと。
いずれにしても、写真を撮られるという行為に慣れ親しみ、かつ楽しんでいただけましたら嬉しい限りです。
 
そんな訳で、ご興味のある方、肖像を残したいと思われた方は是非ともご一報下さいませ。
 
◎実施に関しての詳細
 
☆開催日時:12月6日(金) 13:00〜20:00
         7日(土) 10:00〜20:00
         8日(日) 10:00〜19:00
 
☆開催場所:zenne,Inc. 内仮設スタジオ/住所:ご予約が成立した方へお知らせ致します。
 
☆撮影費:¥3500. /お1人様/1枠(20分)
 お2人様以上での撮影の場合、お1人様につき¥1500. の追加とさせていただきます事をご了承下さいませ。
 
◎撮影に際しての注意事項
 
ご参加希望の方は、事前のご予約をお願い致します。
お1人あるいはお1組「20分」の枠でご予約を受け付けさせていただいております。
カップル等でお1人づつ2枠をご予約の場合には、サービスとして2ショット写真をお撮りさせていただいております。
受付可能枠はご参加お申し込みの際にお問い合わせ下さいませ。
ただし撮影に割ける実質的なお時間は、事前説明やご要望の聞き取り時間を除くと、おそらく1枠約10分程度だと思われます。
しかもちょっとした流れ作業になる事が予想されます(そこはどうぞご了承下さいませ!)。
故に、もっと撮って欲しい!という方は後日個人的な撮影を受け付けさせていただきますので、その際はどうぞお気軽にご相談下さいませ。
 
お時間にはゆとりを持ってお越しいただけると助かります。
 
また、完全予約制ではありますがそこは撮影の常。
若干の遅れがでる場合もございますので、その際はどうかご了承下さいませ。
 
当日はなるべく公共交通機関でお越し下さい。
 
最寄り駅はJR高円寺駅になります。(会場へは北口から徒歩でおよそ10分。)
お車でお越しの方は、近くのコインパーキングをご案内させていただきます。
 
◎撮影後の画像データのお渡しに関して
 
僭越ながらこちらで適宜絞り込ませていただきます。
その後、仮選出された数点のサムネールデータをメール添付にてお送りさせていただきます。
その中からお好みの1点をお選び下さい。
後日、レタッチ処理を施した本データを「宅ファイル便」等のファイル転送サービスにてお送りさせていただきます。
メールアドレスをお持ちでない方はご相談下さい。CD-ROMを郵送させていただきます。
またその際には別途郵送費等(¥300.)をご負担頂きます事をご了承下さいませ。
1点なんて選びきれない!という方は、追加画像1点につき1,000円にてご対応させていただきます。
画像データではなくプリントでの納品をご希望の方はご相談下さい。
またその際には別途プリント代を申し受けます事をご了承下さいませ。
尚、プリント代金に関しましてはサイズによって変動いたします。
 
仮設スタジオ内は禁煙です。ただし飲食は例年通り可能です。
今年も沢山の方々との異業種交流を楽しまれて下さい。
お料理、お酒の持ち込みも大歓迎です。
 
◎最後に
 
諸々の注意事項を書かせていただきましたが、当遺影撮影会は多少のイベント性を盛り込んでおりますので、どうぞ気楽な感じでお越し下さいませ。
とはいえ真摯なお気持ちでいらっしゃる方もおられると思いますので、そこは適宜大人の対応でお願い出来れば幸いです。
(以前ご参加の方で、掲載のご承諾をいただきました方々のお写真を添付させていただきました。参考までにご覧下さいませ。何となくの雰囲気が解るかと思います。)
 
また、このイベントは僕が以前から度々感じていた思いを具現化する為のファーストステップであると捉えて行なって参りました。
それは、写真家としての存在意義は何か。誰の為に、何が出来て、何を残せるのか、という事。
そしてこの撮影会を通して、「備えがある事で、または心の準備ができている事で、日々の生活がよりアクティヴになるかもしれない。」「もしもの際には、残る方々へ想いを残していただけるかもしれない。」とのご提案ができたら、そのための、ささやかなお手伝いができたら、と。
これはNY同時テロに遭遇し、現地で献血に走り回る中で思い考えた事に直結しています。
 
また一昨年は、東日本大震災復興支援の一端を担えるよう3.11肖像写真プロジェクトを立ち上げ、多くの方々のご協力のもと、1000家族を超える方々の肖像写真をお撮りさせていただきました。※更なる詳細映像はこちら→by NHK「心をつなぐ写真
このプロジェクトの根幹も前述の想いと同様です。
お手元に新たな写真がある事で、明日への活力としていただけたら、、、そんな想いで毎週末東北へ通い詰めました。
 
そのような訳で、「遺影」というタイトルではありますが、「誰かのお役に立ちたい」という想いから始めたこの撮影イベント、お気軽にご参加いただければ嬉しい限りです。
 
◎ご連絡先
 
メール:info@zenne-inc.com
不肖コバヤシ宛にご連絡下さいませ。
 
それでは、皆様のご参加を心待ちにしております!


PhotoEvent_2012
| 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」 | 02:18 | comments(0) | - |
第6回 遺影撮影イベント「 Oh!! 遺ぇ〜い!? 2012 」開催のお知らせ

結局、、、なんだかんだで丸1年間、ブログへの投稿ができなかったのだなと、この投稿で思い知ります。。。
facebookやTwitterに慣れてしまうと、ついついブログまで辿り着かない現実。
反省です。。。。。。

とはいえ、今年も開催します、遺影撮影会!

今年は多方面からの反響を考慮し、2週に渡って2カ所での開催となります!
長文になりますが、下記詳細事項をご一読いただき、ご都合のよろしい日時をお決めいただければ幸いです。

皆様のご参加、心よりお待ちしております!

-----------------------------------------------------------------

日頃お世話になっている皆々様へ 


この時期の恒例行事となりました遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」。

今年も開催の運びとなりましたのでお知らせさせていただきます。


今年は「ガイアの夜明け」等のメディアで取り上げていただいた事もあり、例年以上のご参加お申し込みが見込まれますので、2週に分けての開催とさせていただきます。

12月の第1週目週末は例年通りzenne,Inc.にて。

翌翌週の第3週目週末は、「ギャラリーキッチン」さんのご協力のもと、パブリック形式で広く一般の方も募っての開催となります。

また、平日(第1週目のみ)も開催致しますので、お仕事帰りにでもお越しいただけるかと思います。

完全予約制ではありますが、思うところある方は奮ってご参加くださいませ!

※注1:会場によって撮影料には差異がありますのでご注意下さい。

※注2:「ギャラリーキッチン」は、10月末に個展を開催させていただいた場所です。

    http://gkit.in/event/nature-feel/



遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」の主旨説明 -------------------


遺影撮影などと言うと、タブー視されたり怪訝に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、「死」とは万人が迎える、避ける事のできない出来事。ならば、それを前向きに捉えて楽しんでしまおう、というのがそもそもの撮影会の趣旨となります。


もともとは、とある飲みの席で「明日死んじゃったら遺影に使える写真が無いなぁ…」という友人の静かな呟きから開催を決めるに至ったという経緯があります。

加えて、折角なので毎年の恒例行事にしてしまえば、色々な発見や楽しみが広がってポジティヴな遺影撮影になるのではないかなと。


毎年、決まった時期に1枚ずつ撮り足していって、もしもの際には直近の撮影分を遺影としてお使いいただく。

もちろん、それが気に入っていなければ何年か前の撮影分をお使いになっても良い訳で…。

逆に言えば、こんな写真では今年はまだ逝けない!と生きる活力になったりするかもで…。


更には、目出たく何事も無く100歳を迎えた時には、自分の肖像が毎年更新されている訳ですから、それはそれで面白いのではないのかなと。

洋服の趣味が変わっていたり、しわが増えていたり、でも年輪が加わって渋みが増して素敵に輝いていたり…。

それはまさにその人の歴史。紛れもない自分史となる訳です。


と、そんな風に前向きに楽しんで頂く為の、ささやかなるご協力ができたらなぁと思っている次第です。


ちなみにこれまでの撮影では、下は0歳から上は92歳の方までがご参加下さいました。

ご家族だったり、カップルで写られる方もいらっしゃいます。死ぬ時は一緒に!との想いのもと。

中には、モデルさんが宣材用にというケースもありましたが(笑

いずれにしても、写真を撮られるという行為に慣れ親しみ、かつ楽しんでいただけましたら嬉しい限りです。


そんな訳で、ご興味のある方、肖像を残したいと思われた方は是非ともご一報下さいませ。



第1会場 / ◎第6回 遺影撮影会「 Oh!! 遺ぇ〜い!?  2012 」実施に関しての詳細


☆開催日時:11月30日(金) 13:00〜20:00

      12月 1日(土) 10:00〜20:00

          2日(日) 10:00〜20:00


☆開催場所:zenne,Inc. 内仮設スタジオ/住所:ご予約が成立した方へお知らせ致します。


☆撮影費:¥3500. /お1人様

お2人様以上での撮影の場合、お1人様につき¥1500. の追加とさせていただきます事をご了承下さいませ。



第2会場 / ◎「 Oh!! 遺ぇ〜い!? @ Gallery Kitchen 2012 」実施に関しての詳細


☆開催日時:12月15日(土) 10:00〜19:00

         16日(日) 10:00〜19:00


☆開催場所:「Gallery Kitchen」内特設スタジオ/住所:東京都 渋谷区 神宮前 2-14-11

(1階が撮影スペース,2階が受付ラウンジ&カフェバースペース(予定)になります。)

http://gkit.in/map/


☆撮影費:¥5000. /お1人様

お2人様以上での撮影の場合、お1人様につき¥1500. の追加とさせていただきます事をご了承下さいませ。



◎以下、各撮影場所共通事項


☆服装:自由

コスプレ/小道具の持ち込み可。その年の撮影にふさわしいと思われる服装でお越し下さい。

ちなみに例年、ビール、ペット、その年を象徴するモノ等と写りたいとのご希望が多数あり。


☆納品形態:画像データを1点、メール等にてお渡しさせていただきます。

尚、お渡ししたデータと同じものは、当方でも可能な限り(データの事故等が無い限り)、長期に渡り保管させていただく予定です。


☆その他の注意事項:


*参加ご希望の方は、事前のご予約をお願い致します。

1名様20分の枠でご予約を受け付けさせていただきます。

空いている枠はご参加申し込みの際にお問い合わせ下さいませ。

また、開催時間外での撮影をご希望の方は別途ご相談下さい。


*お時間にはゆとりを持ってお越しいただけると助かります。


*また、完全予約制ではありますがそこは撮影の常。

若干の遅れが出る場合もございますが、その際はご了承下さいませ。


*当日はなるべく公共交通機関でお越し下さい。


□zenne,Inc. での撮影会にご参加の場合 --------------

最寄り駅はJR高円寺駅になります。(拙宅へは北口から徒歩でおよそ10分。)

お車でお越しの方は、近くのコインパーキングをご案内させていただきます。


□「Gallery Kitchen」での撮影会にご参加の場合 --------------

最寄り駅はJR原宿駅になります。(竹下口より徒歩7分ほど。)

その他、JR千駄ヶ谷駅、東京メトロ外苑前駅、北参道駅からもそれぞれ10分ほど。

バスは、JR原宿駅、渋谷駅、千駄ヶ谷駅、代々木駅から「ハチ公バス(神宮の杜ルート)」がご利用になれます。

降車バス停は「16/34番 渋谷神宮前郵便局」か「17/33番 神宮二丁目」で、会場はそれぞれのバス停のちょうど真ん中ほどに位置しております。

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/shibuya/com_bus/pdf/root_jm.pdf


*参加ご希望者の人数にもよりますが、1名様あたりの撮影に割ける実質的なお時間はおそらく10分程度だと思われます。

しかもちょっとした流れ作業になる事が予想されます(そこはご了承下さいませ!)。

故に、もっと撮って欲しい!という方は後日個人的な撮影を受け付けさせていただきますので、その際はどうぞお気軽にご相談下さいませ。


*撮影後の画像データお渡しに関して。


□zenne,Inc. での撮影会にご参加の場合 --------------

僭越ながらこちらで適宜絞り込ませていただきます。

その後、選出された数点のサムネールデータをメール添付にてお送りさせていただきます。

その中からお好みの1点をお選び下さい。

後日、レタッチ処理を施した本データを「宅ファイル便」等のファイル転送サービスにてお送りさせていただきます。

メールアドレスをお持ちでない方はご相談下さい。CD-ROMを郵送させていただきます。

またその際には別途郵送費等(¥150.)をご負担頂きます事をご了承下さいませ。

1点なんて選びきれない!という方は、追加画像1点につき1,000円にてご対応させていただきます。

画像データではなくプリントでの納品をご希望の方はご相談下さい。

またその際には別途プリント代を申し受けます事をご了承下さいませ。

尚、プリント代金に関しましてはサイズによって変動いたします。


□「Gallery Kitchen」での撮影会にご参加の場合 --------------

撮影後、会場にてお好みの1点をご自身にてお選びいただきます。

後日、レタッチ処理を施した本データを「宅ファイル便」等のファイル転送サービスにてお送りさせていただきます。

メールアドレスをお持ちでない方はご相談下さい。CD-ROMを郵送させていただきます。

またその際には別途郵送費等(¥150.)をご負担頂きます事をご了承下さいませ。

1点なんて選びきれない!という方は、追加画像1点につき1,000円にてご対応させていただきます。

画像データではなくプリントでの納品をご希望の方はご相談下さい。

またその際には別途プリント代を申し受けます事をご了承下さいませ。

尚、プリント代金に関しましてはサイズによって変動いたします


*仮設スタジオ内は禁煙です。ただし飲食は例年通り可能です。

今年も沢山の方々との異業種交流を楽しまれて下さい。

お料理、お酒の持ち込みも大歓迎です。



等々、諸々の注意事項を書かせていただきましたが、当遺影撮影会は多少のイベント性を盛り込んでおりますので、どうぞ気楽な感じでお越し下さいませ。

とはいえ真摯なお気持ちでいらっしゃる方もおられると思いますので、そこは大人の対応でお願い出来れば幸いです。

(以前ご参加の方で、掲載のご承諾をいただきました方々のお写真を添付させていただきました。参考までにご覧下さいませ。何となくの雰囲気が解るかと思います。)


また、このイベントは僕が前々から度々感じていた思いを具現化する為のファーストステップであると捉えています。

写真家としての存在意義は何か。何が出来て、何を残せるのか…。

「備えがある事で、または心の準備ができている事で、日々の生活がよりアクティヴになるかもしれない。」

「もしもの際には、残る方々へ想いを残せていただけるかもしれない。」

そのための、ささやかなお手伝いができたら、と。

これはNY同時テロに遭遇し、現地で献血に走り回る中で思い考えた事に直結しています。


また昨年は、東日本大震災復興支援の一端を担えるよう「3.11肖像写真プロジェクト」を立ち上げ、多くの方々のご協力のもと、1000家族を超える方々の肖像写真をお撮りさせていただきました。※更なる詳細映像はこちら→by NHK「心をつなぐ写真

このプロジェクトの根幹も前述の想いと同様。

お手元に新たな写真がある事で、明日への活力としていただけたら、、、そんな想いで毎週末東北へ通い詰めました。


そのような訳で、「遺影」というタイトルではありますが、「誰かのお役に立ちたい」という想いから始めたこの撮影イベント、お気軽にご参加いただければ嬉しい限りです。



☆ご連絡先:ご参加いただく会場によって異なります。


□zenne,Inc. での撮影会にご参加の場合 --------------

メール:info@zenne-inc.com

不肖コバヤシ宛にご連絡下さいませ。


□「Gallery Kitchen」での撮影会にご参加の場合 --------------

お申し込みフォーム:http://gkit.in/contact/



それでは、皆様のご参加を心待ちにしております!


| 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」 | 09:47 | comments(0) | - |
第5回遺影撮影会「Oh〜!! 遺ぇ〜い!?」開催のお知らせ! from 小林伸幸

遂にこの季節がやって参りました!!!
今年第5回目を向かえる遺影撮影イベント『Oh!! 遺ぇ〜い!?』 
今年は、イレギュラーで開催を1週ずらして行ないますが、ご都合のよろしい方、お誘い合わせの上ふるってご参加下さいませ!

日程は、12月9日、10日、11日 の3日間。
詳細は下記の通り!

皆様のご連絡、お待ちしております!

----------------------------------------------

日頃お世話になっている皆々様へ 
 
ここに来てようやく冬らしさを感じる今日この頃ですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?
 
さて、この時期の恒例行事となりました遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」、今年も開催の運びとなりましたのでお知らせさせていただきます。
 
実は、今年は東日本大震災の事も踏まえ、開催は控えようかと思った時期もありましたが、震災直後から取り組んできました「3.11肖像写真プロジェクト」(以下ご参照の程:http://www.311portrait.jp/)を続けるにつけ、遺影撮影の大切さを改めて実感するに至り、開催する事と致しました。
 
長文ではございますが下記をご一読いただき、ご興味をお持ちの方は是非ともお問合せ下さいませ。
また、今年も皆様のご要望にお応えして、3日間の開催とさせて頂きます。
平日も開催致しますので、お仕事帰りにでもお越しいただけるかと思います。
完全予約制ではございますが、ご参加いただけますと幸いです。
 
 
遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」の主旨説明 -------------------
 
遺影撮影などと言うと、タブー視されたり怪訝に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、「死」とは万人が迎える、避ける事の出来ない出来事。ならば、それを前向きに捉えて楽しんでしまおう、というのがそもそもの撮影会の趣旨となります。
 
もともとは、とある飲みの席で「明日死んじゃったら遺影に使える写真が無いなぁ…」という友人の静かな呟きから開催を決めるに至ったという経緯があります。加えて、折角なので毎年の恒例行事にしてしまえば、色々な発見や楽しみが広がってポジティヴな遺影撮影になるのではないかなと。
 
毎年、決まった時期に1枚ずつ撮り足していって、もしもの際には直近の撮影分を遺影としてお使いいただく。もちろん、それが気に入っていなければ何年か前の撮影分をお使いになっても良い訳で…。逆に言えば、こんな写真では今年はまだ逝けない!と生きる活力になったりするかもで…。
 
更には、目出たく何事も無く100歳を迎えた時には、自分の肖像が毎年更新されている訳ですから、それはそれで面白いのではないのかなと。洋服の趣味が変わっていたり、しわが増えていたり、でも年輪が加わって渋みが増して素敵に輝いていたり…。それはまさにその人の歴史。紛れもない自分史となる訳です。
 
と、そんな風に前向きに楽しんで頂く為の、ささやかなるご協力ができたらなぁと思っている次第です。
 
ちなみにこれまでの撮影では、下は0歳から上は92歳の方までがご参加下さいました。
ご家族だったり、カップルで写られる方もいらっしゃいます。死ぬ時は一緒に!との想いのもと。
中には、モデルさんが宣材用にというケースもありましたが(笑
いずれにしても、写真を撮られるという行為に慣れ親しみ、かつ楽しんでいただけましたら嬉しい限りです。
 
そんな訳で、ご興味のある方、肖像を残したいと思われた方は是非ともご一報下さいませ。
 
 
第5回 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」実施に関しての詳細 ------------------------
 
開催日時:12月 9日(金) 13:00〜21:00
        10日(土) 10:00〜20:00
        11日(日) 10:00〜20:00
 
開催場所:zenne,Inc. 内仮設スタジオ
 
 撮影費:¥3500. /お一人様
     お2人様以上での撮影の場合、お1人様につき¥1500. の追加とさせていた
               だきます事をご了承下さいませ。
 
  服装:自由  そしてコスプレ/小道具の持ち込み可
     その年の遺影にふさわしいと思われる服装でお越し下さいませ。
     ちなみに例年、ビール、ペット等好きなものと写りたいとのご希望が
               多数あり。
 
納品形態:画像データを1点、メール等にてお渡しさせていただきます。
     尚、お渡ししたデータと同じものは、当方でも可能な限り(データの事故等が
     無い限り)、長期に渡り保管させていただく予定です。
 
その他の注意事項:
 
*参加ご希望の方は、事前のご予約をお願い致します。
 1時間あたり3名様の枠でご予約を受け付けさせていただきます。
 空いている枠はご参加申し込みの際にお問い合わせ下さいませ。
 また、開催時間外での撮影をご希望の方は別途ご相談下さい。
 
*お時間にはゆとりを持ってお越しいただけると助かります。
 予約制ではありますが、そこは撮影の常。若干の遅れが出る場合もございますので。
 
*当日はなるべく公共交通機関でお越し下さいませ。
 最寄り駅はJR高円寺駅になります。(北口から徒歩でおよそ10分)
 お車でお越しの方は、近くのコインパーキングをご案内させていただきます。
 
*参加ご希望者の人数にもよりますが、お1組様あたりの撮影に割ける時間はおそらく10
 分程度だと思われます。
 しかもちょっとした流れ作業になる事が予想されます(そこはご了承下さいませ!)。
 故に、もっと撮って欲しい!という方は後日個人的な撮影を受け付けさせて頂きいただき
 ますので、どうぞお気軽にご相談下さいませ。
 
*撮影後の画像データは、僭越ながらこちらで適宜絞り込ませていただきます。
 その後選出された数点のサムネールデータをメール添付にてお送りさせていただきます。
 その中から1点をお選び下さい。
 後日本データを「宅ファイル便」等のファイル転送サービスにてお送りさせて頂きます。
 メールアドレスをお持ちでない方はご相談下さい。CD-ROMを郵送させて頂きます。
 またその際には別途郵送費等(¥150.)をご負担頂きます事をご了承下さいませ。
 画像データではなくプリントでの納品をご希望の方はご相談下さい。
 またその際には別途プリント代を申し受けます事をご了承下さいませ。
 尚、プリント代金に関しましてはサイズによって変動いたします。
 
*仮設スタジオ内は禁煙です。ただし飲食は例年通り可能です。
 今年も沢山の方々との異業種交流を楽しまれて下さいませ。
 お料理、お酒の持ち込みも大歓迎です。
 
等々、諸々の注意事項を書かせて頂きましたが、当遺影撮影会は多少のイベント性を盛り込んでおりますので、どうぞ気楽な感じでお越し下さいませ。
とはいえ真摯なお気持ちでいらっしゃる方もおられると思いますので、そこは大人の対応でお願い出来れば幸いです。
(以前ご参加の方で、掲載のご承諾を頂きました方のお写真を添付させて頂きました。参考までにご覧下さいませ。何となくの雰囲気がわかるかと思います。)
 
また、このイベントは僕が前々から度々感じていた思いを具現化する為のファーストステップであると捉えています。
写真家としての存在意義は何か。何が出来て、何を残せるのか…。
備えがある事で、または心の準備ができている事で、日々の生活がよりアクティヴになるかもしれない。もしもの際には、残る方々へ想いを残せていただけるかもしれない。
そのための、ささやかなお手伝いができたら、と。
これはNY同時テロに遭遇し、現地で献血に走り回る中で思い考えた事に直結しています。
 
「遺影」というタイトルではありますが、お気軽にご参加いただければ嬉しい限りです。
 
ご連絡先:メール info@zenne-inc.com
     不肖コバヤシ宛にご連絡下さいませ。 
 
それでは、皆様のご参加を心待ちにしております!


| 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」 | 15:44 | comments(0) | - |
今年の遺影撮影会も、本日無事に終了しました!
 今年はビックリするほどの盛況ぶりでした!
ご予約の出足はかなり遅めでしたけど、イベント開催直前になってからそれは一気に加速。
撮影当日でも「これから行きたいのですが空いてますか?」的なお電話まで頂くような感じで、お越し下さった方々の数は実に昨年の2倍以上!
嬉しいやら大変やらで、なんだかもうちょっとした錯乱状態(笑
ご予約頂いた全ての方の撮影が終わった後は、勿論ぐったり。。。
飲み屋に繰り出す元気も無し(笑
お昼もろくに食べられない状態でしたしね〜、流石に疲れました。。。
まぁ、嬉しい悲鳴ですね。

だけど、これも確実に浸透していっているという証しなのでしょうね。
遺影撮影イベントそのものと、その有効性が。

それに、リピーターの方々が確実に増えていってる気がするのです。
帰りがけに「来年も来ます!」とおっしゃって下さる方の割合が、昨年とは比べ物にならないくらいでした。
既に早々来年のご予約をして下さった方も多数いらっしゃいますし。

諸々、有難い限りですよね。

「死」とか「遺影」とかをネガティヴに捉えずに、むしろポジティヴに考えて、前向きに生きる為の要素としている方々が、確実に増えていってる気がするのです。
今年ご参加の最高齢者は、86歳のおばあさまでした。
この方も、来年もよろしくねと帰っていかれました。
僕自身が主催はしているものの、こういう方々に後押しをされているようで、何とも熱い気持ちになりました。
何だか勝手に責任とやり甲斐を感じてしまったコバヤシなのでした。

それと今回富に感じたのが、クチコミの凄さ。
今回初めてイベントの告知を(僕のブログ以外の)ネットで展開したのですが、パッと見のイメージのネガティヴさ故か、どなたからもお問合せを頂く事がなかったのです。ものの見事に。
ですが今回初めてご参加された方々は、その全てが以前参加して下さった方々からのクチコミによるものなのでした。
ただ「遺影撮影」と聞くよりも、その本質と中身がどういうものなのか、それを体験談と共に聞くのとでは捉え方が格段に違うのでしょうね。。。
一気にお客さんが増え過ぎても対応できなくなってしまうので、クチコミでゆっくり静かに広まっていく方がこちらとしてはやっぱり嬉しいから良いのですが。

そういう諸々を経て今日、田舎から出て来た自分の母親と、これも恒例となったセルフタイマーでの妻とのツーショットを撮って、2010年度の「Oh!! 遺ぇ〜い!?」は終了!
やりきりました。
充実感に満ち満ちております♪

という事で、来年も同じ時期に開催しますが、どうなるかなぁ…、会期を延長しないと追いつかなくなるかなぁ…。
さぁ〜、どうなるか判りませんが、とにかく頑張りマス!
来年の11月初旬、このブログで告知を始めますので、参加ご希望の方は是非チェックの程!

それでは最後に。
今年ご参加下さった全ての皆様へ、ありがとうございました!

| 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」 | 23:58 | comments(5) | - |
遺影撮影会、本日初日!
とはいえ、大概金曜日は例年ご予約が入らないので、なんだか、ゆる〜い時間を過ごしておりましたが。。。

とはいえ、朝から別件撮影の打合せとロケハンが入っていたので、セットもそこそこに現地まで出向き、戻ってから撮影セットを組み上げて、15時〜のご予約のお客様をお迎えする、という流れでしたので、焦りもしたり、、、実際ギリギリでした(汗
ホント、冷汗モノです。。。

そしてつい先程も、明日の夜の撮影希望のご連絡を新規のお客様から頂いたりして、、、。
この時間の明日撮影のお問合せですから、こちらも何ともドキドキ致します(笑
でも、それでも新規の方からお問合せを頂戴できるのは嬉しいですよね。
うまくご都合が合えば良いのですが。。。

いずれにしても、明日からタイトです!
明後日は1日中ノンストップです(汗

はい、頑張りマス!

ですが、まだ両日とも若干の空きはございますので、もしもご興味がおありの方はお気軽にお問合せ下さいませ〜♪
| 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」 | 23:27 | comments(0) | - |
まだ空きあります。
今年は例年に比べて、動きが遅いようです。
これも、不況の影響なのでしょうか?(笑

遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」、土日の撮影分は順調にご予約を頂いておりますが、3日の金曜日は流石に動かないですね(笑
まぁ、当たり前ではありますが。。。

とはいえ今年も、様々なドラマを抱えてお越し下さる方が多いようです。
大きな手術をしたから、子供が産まれたから、1年頑張った自分へのご褒美に、成長記録、ご両親をお連れして等々。
思いはどうあれ、「写真を残す」という行為を、前向きに捉えて頂けるのは嬉しい事ですよね。

いずれにしても、まだ撮影枠に空きはありますので、ご興味をお持ちの方は是非一度試しにご参加あれ! *遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」詳細

そういえば、話は変わりますが、昨年開催された「アルバムエキスポ」が、今年も今日から開催されますね。
あぁ、、、大阪じゃなかったらなぁ。。。
行きたいなぁ。。。

昔は、好きじゃなかったアルバム。
でもこの歳になると、アルバムが、とても良いものだったと痛感。
これだけデジタルが席巻の世になると、やはりアナログの温もりが欲しくなるのでしょうか?
それは僕だけに限らず、世の中の人達も、きっとそうなんでしょうね。

これ↓、見ると、またアルバムが作りたくなりますよ。
「アルバムサンタ」
だって、思わず涙が。。。
| 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」 | 03:09 | comments(0) | - |
今年も開催! 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」2010
さぁ! 恒例の遺影撮影イベント、今年も開催です!

昨年はNHKさんに取材して頂いて、番組放送直後からかなりの反響があった、とスタッフさんからもお聞きしていただけに、その反響が今年にどう影響するのか皆目検討も付きませんが、あらゆるハプニングを楽しみつつ、撮影会を盛大に盛り上げて行きたいと思いマス!

という訳で、長文ではありますが下記をご一読頂き、ご興味がおありの方は是非ともお問合せ下さいませ。
また、今年も皆様のご要望にお応えして、3日間の開催とさせて頂きます!
平日も開催致しますので、お仕事帰りにでもお越し頂けるかと思います。
完全予約制ではありますが、奮ってご参加下さいね〜♪


遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」の主旨説明 -------------------

遺影撮影などと言うと、タブー視されたり怪訝に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、「死」とは万人が迎える、避ける事の出来ない出来事。ならば、それを前向きに捉えて楽しんでしまおう、というのがそもそもの撮影会の趣旨となります。

もともとは、とある飲みの席で「明日死んじゃったら遺影に使える写真が無いなぁ…」という友人の静かな呟きから開催を決めるに至ったという経緯があります。加えて、折角なので毎年の恒例行事にしてしまえば、色々な発見や楽しみが広がってポジティヴな遺影撮影になるのではないかなと。

毎年、決まった時期に1枚ずつ撮り足していって、もしもの際には直近の撮影分を遺影としてお使い頂く。もちろん、それが気に入っていなければ何年か前の撮影分をお使いになっても良い訳で…。逆に言えば、こんな写真では今年はまだ逝けない!と生きる活力になったりするかもで…。

更には、目出たく何事も無く100歳を迎えた時には、自分の肖像が毎年更新されている訳ですから、それはそれで面白いのではないかと。洋服の趣味が変わっていたり、しわが増えていたり、でも年輪が加わって渋みが増して素敵に輝いていたり…。それは正にその人の歴史。紛れもない自分史となる訳です。

と、そんな風に前向きに楽しんで頂くための、ささやかなるご協力ができたらなぁと思っている次第です。

ちなみにこれまでの撮影では、下は8歳から上は80歳の方までがご参加下さいました。
ご家族だったり、カップルで写られる方もいらっしゃいます。死ぬ時は一緒に!との想いのもと。
中には、モデルさんが宣材用にというケースもありましたが(笑
いずれにしても、写真を撮られるという行為に慣れ親しんで、かつ楽しんで頂けましたら嬉しい限りです。

そんな訳で、ご興味のある方、肖像を残したいと思われた方はご一考下さいませ。


第4回 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」詳細 ------------------------

開催日時:12月3日(金) 13:00〜21:00
        4日(土) 10:00〜20:00
        5日(日) 10:00〜20:00

開催場所:zenne,Inc. 内仮設スタジオ
     (住所等の詳細はメールにてお知らせ致します。自宅のリビング
      を開放して、アットホームな雰囲気の中での撮影となります。)

 撮影費:¥3500. /お一人様
     お2人以上での撮影の場合は、
     お1人様¥1500. の追加とさせて頂きます。

  服装:自由 そしてコスプレ/小道具の持ち込み可
     その年の遺影にふさわしいと思われる服装でお越し下さいませ。
     ちなみに、例年ビール、タバコ、ペット等好きなものと写りたいと
     のご希望が多数あり。

納品形態:画像データを1点、メール等にてお渡しさせて頂きます。
     尚、お渡ししたデータと同じものは、当方でも可能な限り(データ
     の事故等が無い限り)、長期に渡り保管させて頂く予定です。

その他の注意事項:(ご参加頂ける方には別途お伝えさせて頂きます。)


当遺影撮影会は多少のイベント性を盛り込んでおりますので、どうぞ気楽な感じでお越し下さいませ。
とはいえ真摯なお気持ちでいらっしゃる方もおられると思いますので、そこは大人の対応でお願い出来れば幸いです。

また、このイベントは僕が前々から度々感じていた思いを具現化する為のファーストステップであると捉えています。
写真家としての存在意義は何か。何が出来て、何を残せるのか…。
備えがある事で、または心の準備ができている事で、日々の生活がよりアクティヴになるかもしれない。もしもの際には、残る方々へ想いを残せて頂けるかもしれない。
そんな、ささやかなお手伝いができたら、と。
これはNY同時テロに遭遇し、現地で献血に走り回る中で思い考えた事に直結しています。

そんな訳で、「遺影」というタイトルではありますが、お気軽にご参加頂ければ嬉しい限りです。


ご連絡先:メール info@zenne-inc.com 
     お電話 03−6454−0076
     メール/お電話共に、担当:犬井宛でお願い致します。 

それでは、皆様のご参加を心待ちにしております!

ちなみにこちら↓ 昨年撮影させて頂いた方々のお写真です。どうぞご参考までに!






| 遺影撮影会「Oh!! 遺ぇ〜い!?」 | 02:29 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE