Nobu's blog "nobulog"

写真家 小林伸幸 による日々の徒然ブログ
「人の道を極めた方に会うのだ!」その2
突き付けられたコラボ集。
子分さん達、何の事やら見当もつかず困惑顔・・・。
しかし、「はっ!」と言って受け取ったかどうかは判りませんが、とにかく一堂で回し読みをして下さったそうなのです。
申し訳ない事です。想像してみて下さい。
黒服、を着ていたかどうかは判りませんが、男臭い方々が、粋なレストランでお料理そっちのけで小冊子を回し読み・・・。しかもお一人の方は涙を流している訳ですから・・・。
罪な事をしてしまいました。
そんな様子を、シェフはアイランドキッチンから見守っていたわけです。そしてこちらも困惑顔。この次の展開をどうしたものか・・・。そこで思案し機転を聞かせたシェフは、タイミングを見計らいコラボ集にまつわるアレコレを説明して下さったそうなのです。
するとその方は大いに頷き、お料理にも我々のコラボ集にも満足されて帰って行ったそうです。

後日その話をシェフから聞いた僕は、早速タネさんのところへ。
こんな事があったそうですよ! 嬉々として話しました。
思惑通りタネさんはにんまり(笑
しかし、本来ならここで終わってしまう話。
終わらないのは運命の悪戯か?(笑
気分を良くしたタネさん、後日嬉々としてその話をぜんじろうさんへ。
すると流石はぜんじろう兄貴、タダモノではありません。
一通りの話を聞き終わるやいなやこう言うのです。
凄いやないか、と。そんな人めったにおらんで、と。会いに行きぃーや、と。

ん? まじですか?
僕とタネさんは一瞬何の事やら解りません。
アイニイク? え?
すると追い討ちをかけるように「君らは何の為にコレを作っているの? 感動してくれる人がいるのなら、その気持ちに答えるべきでしょ?」と。
なるほど。それはその通り。物凄くシンプル。
よし、ではやってみましょ(笑
人の道を極めた方が、我々の何に感動し、何故に頬を濡らしたのか。
気になるじゃないですかっ! ねぇ。

かくして、その方の心に礼を尽くすべく、感動して下さってありがとうと言いに行くべく、会いに行く計画がスタートしたのでした〜♪

続く






| 番外編 | 11:23 | comments(4) | trackbacks(0) |
番外編 「人の道を極めた方に会うのだ!」その1
さぁ、何やら突然番外編です。
いきなりスタートです。
ホントはもっと早くに始めていなきゃいけない企画だったんですけど・・・。

これは通常の僕のブログとは別に、とある方にお会いする為のその過程を、タイムリーに書き連ねていこうじゃないかっていう、そういうコーナー。
にもかかわらず! スタートが出遅れ、ホントはまったくもってタイムリーじゃないんです・・・。スミマセン。

まぁそれはどうでもいいや(笑
何がしたいかって言うとね、下に書いときます。

以前ブログにも書きましたが、僕とミュージシャンの種浦マサオことタネさんとで、もう随分と長い事リレーコラボなるものをやっております。
詳細はこちら?2月15日のブログを見てくだされ!
それを何の気負いもなく1年半程も続けると、結構な数になりまして、お互いに楽しいから当然これからも続けていく訳だけれど、でもここらで一度まとめてみようじゃないかっていう気になりまして、で、手作りで1冊の本形式にまとめまして、赤坂の粋なレストランのトイレに置かせて頂いたのです。するとなかなかどうして静かながらも反響はあるもので、「楽しい」とか「まさに真実だ!」とか「写真が良くない!」とか、まぁーいろいろなご意見を頂いている様子。それらのご意見を時折シェフから聞かせもらっておりましたら、すると1つ、ある時ただならぬ事が起こりまして、制作サイドは浮き足立ってしまった訳なんですよ!(笑

何がただ事ではないかというと、ある時、とある男性がシェフの知人の紹介によりこちらのレストランを訪れたそうなのです。で、トイレに入ったところなかなか出てこない。そりゃ当然です。ここのトイレは抜群に居心地が良い。でもそれにしたって長過ぎる。
ちなみにこのお方は人の道を極めた方で、俗に言うところの子分という方々を連れていらっしゃっていて、その子分さん達がざわめきたつ頃、その方はやっとトイレから出てきたそうなのです。手には我々のコラボ集。そして頬を涙で光らせながら。
そのレストランは1日2組しか予約を受け付けません。静まりかえる店内・・・。
コツコツコツコツ・・・。
足音だけが響きます。
何やら異様な雰囲気。
トイレから出てきた彼を一堂が呆然と見守る中、その方はテーブルに歩み寄り、コラボ集を子分さん達へ突きつけながら、一言。
「お前らもコレ読め! いいぞ。」

続く!(笑


| 番外編 | 01:29 | comments(5) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE